楽しく学ぶ珈琲の世界

第2木曜日 10:30~12:00 全6回
10月11日~2019年3月14日
[10/11、11/22、12/13、1/10、2/14、3/14]
※11月は第4週です。
世界のコーヒー(珈琲)を学んでみませんか?講師は珈琲の研究者(理論)と同時に実務者(ジャマイカのブルーマウンテンコーヒーの開発などの仕事に従事)です。毎朝を含め1日に数杯飲むコーヒーの愛好家です。
街を散策していると多くのコーヒーショップが目に入り、予定外のコーヒーとの対面です。世界のコーヒーは途上国の生産や先進国の消費市場に大別され順位に大きな変動はみられませんが、中国やスリランカなどお茶の国でコーヒーに人気が高まっています。また、フェアトレードコーヒーの普及といわれる新たな国際協力の潮流もみられます。
講義は理論と実践を組み合わせたパワーポイントで視覚による分かりやすい説明となります。コーヒーに日ごろ関心を持っている人、知識を体系的に整理したい人、途上国のコーヒーの国際協力を知りたい人には、最適な講座ですので挑戦してみてください。

★カリキュラム★
1回目(10/11) コーヒーの歴史と地理
2回目(11/22) コーヒー世界市場と日本の市場(生産と消費)
3回目(12/13) 最高級ブルーマウンテンコーヒーの魅力〈体験談〉
4回目(1/10) コーヒーと紅茶?〈参加者で考える〉(参加型授業)
5回目(2/14) フェアトレードコーヒーとは何か?
6回目(3/14) 今後のコーヒー生産と消費動向、飲料業界での競争、コーヒーと健康

★講師プロフィール
慶応義塾大学、同大学院を修了。ラテンアメリカ地域、スペイン語、珈琲産業を研究。最高級ブルーマウンテンコーヒーの開発の仕事のためカリブ海に浮かぶジャマイカを数回訪問。それ以来、コーヒーの魅力に没頭し、現在は「フェアトレードコーヒー」の研究を行っている。日本で馴染みのあるコーヒー大国ブラジル、コロンビア、グアテマラも訪問。
15,000円(税別、6回分)
廣田政一(目白大学名誉教授)

慶応義塾大学、同大学院を修了。最高級ブルーマウンテンコーヒー開発のためカリブ海に浮かぶジャマイカを数回訪問。それ以来コーヒーの魅力に没頭し、現在は「フェアトレードコーヒー」の研究を行っている。
◆持参品 筆記用具
お申し込み