江戸の庶民文化を支えたお茶屋

9月6・13・27日(木) 全3回(1回ごとの参加もできます)
10:30~12:00
室町時代から戦国時代にかけて、路傍の「一服一銭」茶屋は旅人や参詣人に潤いをもたらしていました。江戸時代に入ると、茶屋は参勤交代や人々の交流の増大などから多種多様に変化し、江戸の人々の憩いの場・出会いの場となり庶民文化を支えることになります。
講座では茶屋の変遷や、店の看板娘の様子を当時の世相を織り交ぜながら解説します。また文献・絵画などをとおして、(現場に)タイムスリップの雰囲気を味わいながら、江戸人になった感覚で江戸時代の文化歴史の面白さ楽しさを満喫していただきたいと思います。

★カリキュラム
第1回(9/6) 「ちょっと息抜きに茶屋へ」  ・・・ひと時の安寧に
茶屋の変遷や社会的役割、人々にどの様に受け入れられたのかを解説。
第2回(9/13)「困ったときの茶屋頼み」  ・・・様々な場面に対応
江戸の人々が馴れ親しんだ茶屋を当時の浮世絵などを活用しながら紹介。
第3回(9/27)「江戸市中を席捲した茶屋の看板娘達」・・・美の競演
茶屋看板娘たちの美の競演、美の系譜などを浮世絵や文献で紹介。
8,100円(税込・3回分)
◆申込金  1,080円(税込) ※会員の方はかかりません。
※キャンセルは1週間前まで。それ以降は全額お支払いいただきます。
(お支払い以降のキャンセルは、期間内はできますが、お振込み手数料をご負担いただきます)


福本伸二(「江戸の文化歴史を楽しむ会」会長)
★講師プロフィール
京都生まれ。早稲田大教育学部卒業。江戸文化歴史検定1級。多くの方に江戸の文化歴史を楽しんで頂きたく、「江戸の文化歴史を楽しむ会」を立ち上げる。江戸の文化歴史研究家・中でも笠森お仙研究家として、講演会展示会を多数実施。そうか市市民大学の講師を今秋から務める。

◆持参品 筆記用具
お申し込み